世界中から来場者がくる瀬戸内国際芸術祭で多くの人にaway(スポーツのHome and awayのような)な体験をさせたいなと思って作った作品。

高松港に簡易のキッチンカーカフェを作ったのだが、そこは日本後も英語も使えないカフェ。香川県内で集めた様々な国のスタッフが接客を行う。スタッフの母国語は様々、でも英語と日本語が母国語のスタッフは1人もいない。

対応ではミスも多くお金も間違えることが多くあったが、awayを楽しみ体感しながら食べ物を買う。

香川県高松市 瀬戸内国際芸術祭2016

Kagawa,Japan  Setouchi art triennale2016